育児中のストレス発散方法

イヤイヤ期の育児について

育児中のストレス発散方法 育児で大変だった時期を二歳から三歳くらいと答える人が多いです。
産まれたばかりは、子育てが初めてなので不安もいっぱいありますが、一日の間の半分くらい寝ている時間があるので、その間にゆっくりしたりできます。
そして、母乳やミルクしか飲まないので、子供のために料理を作ることもないです。
一歳にならない子供は歩くことが出来ないので、勝手に家の外に出てしまうような危険もないので、一緒に部屋にいても育児がそこまで大変ではないです。
しかし、一歳の終わりくらいから、自己主張が強くなってきます。
少しずつ一歳半ごろから単語を話せるようになり、二歳になると、単語と単語を繋げて、自分の意思を伝えようとしています。

しかしきちんとした文章は喋れないので、何がいいたいのか伝わらずに、泣きわめくことも多いです。
魔の二歳児やイヤイヤ期と言われます。
ダメと言っても、伝わらず、また同じことを繰り返します。
自分の思い通りにならないと、地べたに転がって泣き叫ぶときもあります。
買い物に連れて行くと、お菓子コーナーの前から離れなかったりするので、一緒に外出することが嫌になることもあります。
自分の欲求が満たされないと、大声を出すので、育児に疲れてしまう親も多いです。

注目リンク

Copyright (C)2017育児中のストレス発散方法.All rights reserved.