育児中のストレス発散方法

育児の方針は色々な体験をさせるです

育児中のストレス発散方法 私の育児の方針は色々な体験をさせてあげたいということです。
でも、うちは裕福なわけではないのであまりお金をかけて体験をさせることが出来ません。
そこで、市で開催してくれる色々な講座を受講することにしました。
開催日は夏休みなどの長期休みが多いので計画しやすいのも助かりました。
たいていが1回のレッスンだけだし、料金もとても安いので気兼ねなく色々な講座を受講できます。
今までに色々なことを受講してきました。
バルーン体験や羊毛フェルト、陶芸教室もありました。
どれも子供には初めてのことだったので楽しみながらやっていました。

それに、低学年はたいてい親と一緒に参加になるので親子でいい思い出作りにもなりました。
高学年になると一人で参加できるようになるので友達を誘って参加していました。
それも、それでいい思い出になっていたようです。
もし、今まで体験してきた講座を独自でやろうとしたら材料の準備だけでもかなりのお金が必要になると思います。
それに、先生の指導がない状態なので作品が上手にできなかったかもしれません。
頑張って作ったものが不出来なものだと子供はとてもがっかりして興味をうしなってしまうでしょう。
市が開催してくれる色々な講座に参加できて本当によかったと思います。

注目リンク

Copyright (C)2017育児中のストレス発散方法.All rights reserved.